ころがスイッチとくみくみスロープの違いは?どっちがいいと悩んでいるのなら

バンダイが発売しているドラえもんのころがスイッチ。くもんが販売しているくみくみスロープ。

ころがスイッチもくみくみスロープも知育玩具であることに違いはありません。でも、どっちがいいのか気になりますよね。

そこで、ころがスイッチとくみくみスロープの違いをまとめてみました。

ころがスイッチとくみくみスロープの違い

組み立てられる方向が違います。

ころがスイッチは、横方向に組み立てられます。

くみくみスロープは、縦方向(垂直)にも組み立てれられます。

簡単な違いを比較

詳細 ころがスイッチ ワープキット NEWくみくみスロープ
メーカー バンダイ くもん
キャラクター ドラえもん なし
対象年齢 3歳以上 3歳以上
値段 6,578円(税込み・参考価格) 4,620円(税込み・参考価格)
セット内容 基本パーツ:64、ひみつ道具スイッチ:5 パーツ18種類57個、ボール12個、作例集

ころがスイッチの場合

ころがスイッチは、バンダイが発売しているピタゴラ的なおもちゃです。

遊びながら学べる知育玩具の一種になります。

特徴としては、ドラえもんのひみつ道具スイッチがあること。

ひみつ道具を駆使して、ボールをジャンプさせたり、スピードアップさせたりできます。

対象年齢は3歳以上からですが、ひみつ道具の使いこなしや、組み立て方を考えると、小学生でも十分に楽しめます。

年齢が上がるにつれて、ひみつ道具をどうやって使いこなすのか?などが考えられるようになるので遊び方も変わっていきます。

くみくみスロープの場合

くみくみスロープは、くもんが販売しているパーツを組み合わせてボールを転がして遊ぶ知育玩具です。

特徴としては、垂直方向に大きく組み立てられる点です。

簡単なコースから、大きなコースまでパーツを組み合わせることで作れます。

ボールが上手に転がっていくのか、どんなコースだと上手く転がせるのか?などを考えながら組み立てていくことで、子どもの空間能力や、創造性を高めてくれます。

3歳くらいの年齢でも感覚的に楽しく遊べます。

【結論】どっちがいい?

ドラえもんが好きで、小学生以上ならころがスイッチがおすすめです。

大きく垂直にも組み立てたいのなら、くみくみスロープがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました