ペリエとウィルキンソンの違いは?どっちがいい?

ペリエとウィルキンソンの違い

炭酸の種類が違います。

ペリエは天然炭酸水、ウィルキンソンは人工炭酸水です。よって、炭酸の強さ・持ち具合が違います。

ペリエの場合

ペリエは自然発泡の天然発砲水ですが、炭酸も強めです。

採水地は南フランスのヴェルジェーズ地方で、世界的に有名な炭酸水です。

口当たりが柔らかいので、単体で飲んでも大丈夫なほど、口当たりは柔らかいです。

カリウムなどのミネラル成分が豊富なこともあり、美容面でも注目されています。

ウィルキンソンの場合

ウィルキンソンは人工炭酸水なので、炭酸の強度も、炭酸の持ちも良いです。

コンビニなどでも手軽に購入できます。

ノーマル味の他にも多くの種類が揃っているので、自分の好みに合わせて味や炭酸の強度を選ぶことができます。

【結論】あなたにはどっちがいい?

自然な炭酸水を飲みたいのならペリエです。

炭酸が強い方がいいのなら、ウィルキンソンです。

タイトルとURLをコピーしました