ミロとプラステンアップの違いは?どっちがいい?

ミロとプラステンアップの違いを紹介します。どっちを選んだら、より効果を得られるのかを知っておきましょう。

ミロとプラステンアップの違い

効果がでる年齢が違います。

ミロもプラステンアップも栄養補給の面では、どの年齢でも効果はあります。ですが、ミロは成長期の子どもにより効果を発揮し、プラステンアップは成長期終盤(中学生・高校生)により効果を発揮します。

ミロの場合

ミロは1歳半前後(離乳が完了した年齢)から飲み始められます。子どもの成長に必要な栄養素(カルシウムやビタミンD、鉄など)が豊富に含まれた飲料です。

主に成長期の子どもに特化していますが、大人でも栄養補給の面でも効果があります。幅広い年齢に対応しているのがミロです。

ただし、ミロはあくまでも栄養を補給する飲み物です。勘違いしやすいのは、身長を伸ばす効果があるという点。ミロには身長を伸ばす効果はなく、あくまでも栄養面で成長をサポートしてくれるものです。

ミロを飲んで「背が伸びた!」と感じるのは、栄養補給ができて成長を助けてくれたからです。高校生にもなると、ミロで背が伸びたと感じるのは少なくなるはずです。

ミロによる年齢での効果については、下記の記事を読んでくださいね。

ミロで背が伸びるのは高校生もまだ間に合う?期待しすぎは要注意!
高校生でもミロを飲んだら背は伸ばせるのかについてまとめています。直接的な効果はありませんが、間接的には身長にサポートしてくれますよ。

プラステンアップの場合

プラステンアップを飲み始める年齢には決まりはありません。ですが、中学生・高校生を対象としていますから、小学生の終わり11歳からが対象年齢と言ってもいいでしょう。

成長期の終盤にさしかかった年齢に必要な栄養素を取り入れているのがプラステンアップです。子どもの栄養応援サプリの多くは小学生を対象としていますが、プラステンアップは中学生や高校生を対象としています。

実は、小学生と高校生では成長に必要な栄養素が違うんです。小学生卒業をきっかけにプラステンアップに切り替えると、年齢に合わせて成長を助けてくれます。

【結論】あなたにはどっちがいい?

小学生までの子どもで栄養補給をしたいのならミロです。

高校生など成長期終盤の年齢であればプラステンアップです。

タイトルとURLをコピーしました