美容院と理髪店の違いは?どっちを選ぶべき?

美容院と理髪店の違い

利用する目的が違います。

容姿を美しくするのか、容姿を整えるのかの違いがあります。

美容院の場合

美容室でお客さんの髪を切るには「美容師免許」が必要です。適応される法律は美容師法です。

美容室の目的は、メイクやパーマなどで容姿を美しくすることにあります。

髪を切ったり、パーマをかけたり、ヘアカラーやヘアセット、メイクをして、美しくなるのが美容室です。

理髪店の場合

理髪店でお客さんの髪を切るには「理容師免許」が必要です。適応される法律は理容師法です。

理髪店の目的は、髪を切ったり、顔剃りをして容姿を整えることにあります。

カミソリを使っての処理は、理容師免許を持っていないとできません。ただ、

昔は、カミソリを使っての顔剃りができるのは理容室だけでしたが、現在では美容室でもメイクに必要であれば簡単な処理は行なえます。

髪を切って、顔剃りをして、容姿を整えるのが理容室です。

一昔前での違いは現在では薄れつつある

一昔前までの違いとしては、顔剃りができるのかできないのか、髪を洗うシャンプー台が前向きか後ろ向きか、カラーができるのかできないのか、女性のパーマができるのかできないのかなどがありました。

ですが、現在では適応される法律に違いはあれど、施術内容の違いは薄れつつあります。

【結論】あなたにはどっちがいい?

ヘアスタイルをおしゃれに仕上げたい人は美容室です。

髪の毛をきれいに整えたい人は理髪店です。

タイトルとURLをコピーしました