「あっさりおいしい」と「カップヌードル」 の違い。どっちを食べたらいい?

「あっさりおいしいカップヌードル」と「カップヌードル」 の違いについてまとめています。どっちを選ぶべきか悩んでいるのなら参考にしてください。

「あっさりおいしい」と「カップヌードル」 の違い

量やカロリーが違います。

詳細 あっさりおいしい カップヌードル
内容量 57g 78g
麺量 50g 65g
カロリー 263kcal 351kcal

あっさりおいしいカップヌードルの場合

2018年に発売されたのが「あっさりおいしいカップヌードル」です。

内容量は以下の通りです。

あっさりおいしいカップヌードル
カロリー 263kcal
めん・かやく: 243kcal
スープ: 20kcal
たんぱく質 6.6g
脂質 11.2g
炭水化物 34.0g
食塩相当量 3.9g
めん・かやく: 1.4g
スープ: 2.5g

「スープヌードル」を知っていますか?あっさりおいしいカップヌードルはスープヌードルの後継の商品とも言えます。

あっさりおいしいカップヌードルが登場したためスープヌードルは廃盤になっています。

カップヌードルよりも飲み口がスッキリとしています。同じカップヌードルでありながらあっさり食べれる味なのが特徴。

カップヌードル本来の味を残しつつも、見事にあっさり味に変化させています。味の種類は、レギュラー、カレー、シーフードの3種類あります。

量もカロリーもカップヌードルよりも少ないです。飲み口がすっきり、量もカロリーも控えめなことから、女性からの支持が高いです。

カップヌードルの場合

1971年に販売開始された歴史も実力もある商品です。

内容量は以下の通りです。

カップヌードル
熱量 351kcal
めん・かやく: 327kcal
スープ: 24kcal
たんぱく質 10.5g
脂質 14.6g
炭水化物 44.5g
食塩相当量 4.9g
めん・かやく: 2.4g
スープ: 2.5g

定番の味から変わり種の味まで、今では種類は10種類以上もあり、今なお進化し続けています。

今ではカップヌードルを使ったアレンジレシピも話題になっており、幅広い世代から愛されています。

【結論】あなたが食べるどっちがいい?

ガッツリと食べたいときは、カップヌードルです。

カロリーが気になるけど食べたいときは、あっさりおいしいカップヌードルです。

タイトルとURLをコピーしました