南アルプスの天然水でコーヒーを淹れると美味しくなる理由。水だけじゃないポイントも紹介

南アルプスの天然水でコーヒーを淹れる水としてあっているのか、などをまとめています。南アルプスの天然水を使って、美味しいコーヒーを飲みたいと思っているのなら、参考になさってくださいね。

南アルプスの天然水はコーヒーを淹れるのに適している

コーヒーは軟水で淹れる方がコーヒー本来の甘味、酸味、風味を楽しめるので、飲みやすさを求める人には「美味しい」と感じやすいです。逆に硬水だとコーヒーの風味が失われやすいとされています。

また日本の水道は、ほとんどの地域で軟水です。ですので、日本人は軟水の味に慣れ親しんでいることからも、軟水で淹れたコーヒーの方が飲みやすい点もあります。

南アルプスの天然水は「軟水」なので、コーヒーを淹れるのにあっているお水であると言えます。

お水だけでなく温度も大事

せっかく南アルプスの天然水でコーヒーを淹れるのなら、温度にもこだわって淹れていきましょう。コーヒーを淹れるときの理想的なお湯の温度は、一般的に80度~95度とされています。

沸騰してから冷ますか、沸騰直前まで温めるかをして85度程度のお湯を用意しておきましょう。

コーヒーのお湯を用意するときの温度管理のための専用の温度計もあるほど、美味しいコーヒーを淹れるのには温度が大事です。

温度管理が面倒な場合

美味しいコーヒーは飲みたいけれど、適切な温度のお湯を用意するのはめんどうなものです。朝の忙しいとき、今すぐ美味しいコーヒーを飲みたいときであっても、せっかく飲むのなら美味しいコーヒーを飲みたいです。

そんなときは、電気ケトルでお湯を沸かすのも一つの手です。電気ケトルだと、すぐにお湯を沸かすことができますので、わりとすぐにコーヒーの準備ができます。

電気ケトルの種類によっては、コーヒーの温度に設定できるものも販売されています。普通の電気ケトルよりは割高ですが、温度調整ができるのが便利です。

電気ケトルさえ面倒に思うのなら、ウォターサーバーの利用もおすすめです。ウォターサーバーは、すぐに85度前後のお湯はでてきますから、お湯を準備する時間は一切かかりません。

「今すぐ飲みたい!」というときでも、すぐに飲むことができます。ウォターサーバーのお水を軟水のものを選べば、水の硬度の問題もありません。

せっかく南アルプスの天然水でコーヒーを淹れるのですから、温度までこだわって淹れてみましょう。コーヒーの味が断然違うのに気がつくと思います。

南アルプスの天然水で美味しいコーヒーは飲める

南アルプスの天然水は軟水なので、美味しいコーヒーを淹れるためのお水としては向いています。

少しでも美味しいコーヒーを淹れたいのなら、淹れるときの水の温度を85度前後にしてい淹れましょう。

せっかく南アルプスの天然水を使ってコーヒーを飲むのですから、お湯の温度までこだわってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました